離婚協議書作成

離婚協議書等の作成の必要性について

夫婦間で話し合いが成立した場合,離婚届を出せば離婚は成立します。

しかし,養育費,慰謝料等話し合いで決まった離婚条件は,書面で残すことが望ましいです。

なぜなら,相手方から話を後日蒸し返されたり,争いがおきてしまうことが珍しくないからです。

また,養育費については,公正証書を作成し,相手方に心理的圧力をかけて任意の支払いを促すとともに,不払いに備えて強制執行を可能にしておくことが有効です。

離婚協議書の作成方法について

離婚の際に取り決めたことを書き記して,日付と双方の署名・押印(実印でなくても可)すれば,離婚協議書の要件としては十分です。

しかし,文言が曖昧で複数の解釈の余地があるような記載は避けるべきです。

また,再婚後の養育費の支払い等,類型的にあらかじめ紛争が予想されるような点は,離婚協議書中に記載しておくことが望ましいです。

法律知識が不十分なまま作成した離婚協議書は,かえって争いの元となってしまいますので,一度専門家に相談することをお勧めします。

弁護士による茨城県エリア 離婚相談

常総市・坂東市・つくばみらい市・つくば市・守谷市付近の方向け

お客様本位の相談システムでお待ちしております

明確な料金提示で不安を抱かせません。

  • 土日祝日・時間外もご予約で相談可能です。
  • 前日・当日のご予約も空きがあれば可能です。

フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

お電話での相談予約受付は平日9時~22時

初回相談無料(時間無制限)まずはご相談ください

他事務所においては、所定の無料相談時間を超過した場合に、有料相談になる料金体系を採用している事務所がありますが、弊事務所ではそのような無料時間の制限はありません。

メール・FAX24時間受付

まずは無料相談をご利用ください。

初回相談無料(時間無制限)

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

メール・FAX24時間受付

詳細はお問合わせ下さい。

常総守谷事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
日立北茨城事務所