離婚調停

調停は、調停委員(原則として男女2名)を間に挟んで話し合う手続きのことをいいます。

訴訟と異なり手続きは公開されず、個室で話し合いが行われます。話し合いの内容は外部に漏れません。

通常は、当事者同士が顔を合わせないように配慮され、交互に調停室に入って、調停委員と話し合いをします。

当事者間で話し合いがまとまらない場合は、調停は打ち切られます。

その場合は、何も決まらず終了ということになります。

訴訟の場合は、最終的に判決が言い渡されて、終局的な解決が図られますが、この点が訴訟と異なります。

調停は、裁判所から呼出しを受けても、出頭義務がないため、相手が出頭しない場合は、話し合いどころか空振りに終わる可能性もあります。

離婚の場合は、調停前置主義といって、原則として、調停をしてからでないと訴訟をできないことになっています。

これは、離婚問題は、話し合いでまとまるならば強制的に判決で解決をするよりも望ましいと考えられているからです。

 

 

まずは無料相談をご利用ください。

初回相談無料(時間無制限)

相談予約受付時間:24時間(年末年始除く)

フリーダイヤル(携帯・PHSでもどうぞ)新規相談受付専用ダイヤル:0120-074-019

メール・FAX24時間受付

詳細はお問合わせ下さい。

常総守谷事務所
水戸ひたちなか事務所
つくば土浦事務所
日立北茨城事務所